ハンドメイドツクルノ★

作るの大好きツクルノの創作ブログ★




作品の作り方やおすすめの材料、ショップ、

ハンドメイド販売サイトについてご紹介!

気になるコスメやスキンケア方法などお得な情報も★


日焼け止め対策について考える。負担が少ないナチュラル対策

日焼けはしたくないけど、強い日焼け止めクリームは念入りに落とさなくてはいけなくて、肌への負担も気になります。

 

店頭に並ぶ日焼け止めクリームは年々SPF50などの高い数値のクリームが多くなっているような気が。

屋外で過ごす時間が長い方は、確かに穏やかな効き目の日焼け止めクリームでは日焼けを阻止できないし、高い数値の商品がよく売れるのかもしれません。

f:id:harumerry:20170711143433j:plain

 

焼けやすい

私もすごく肌が焼けやすいのか、屋外で過ごさなくてはいけない時間が多かった時期はSPF30くらいのものだと、どんどん日焼けしていきました。

 

日焼けを取るか、肌への負担をとるか。毎日のことだから気になります。

紫外線吸収剤

 メトキシケイヒ酸エチルヘキシル

紫外線吸収剤が含まれる日焼け止めクリームによく使われているのがメトキシケイヒ酸エチルヘキシルという成分なのだそうで、多くの日焼け止めクリームの成分の欄に書いてあります。

 

科学変化によって紫外線を熱に変え日焼けを予防するそうなのですが、敏感肌の型は肌への負担が大きい場合も。

 

紫外線が当たっている間、ずっと化学変化を起こしていることで、紫外線を防ぐため、だんだんとその力は衰えていくのだそうです。

塗り直しをこまめにする必要があるのはその為なのですね。

 

高い数値の日焼け止めクリームがたくさん店頭に並ぶ一方で、紫外線吸収剤不使用のクリームも注目されつつあるような印象。

紫外線吸収剤不使用

酸化チタン

紫外線吸収剤の含まれない日焼け止めクリームは、紫外線散乱剤という成分によって紫外線を防ぐらしいです。ファンデーションもこの成分で作られているとか。紫外線を吸収するのではなく、反射させるような効果みたいです。

化学変化が起こらない分、肌への負担も少ないみたいなのですが、この成分も厳密にいうと「良い成分」とは言えなさそうです。

 

うーん。肌への負担を最小限にするには何をしたらいいのだろう。。。

 

関連記事 石鹸にもこんなに添加物が入っていたなんて 

飲む日焼け止め?!

最近飲む日焼け止めが出ています。なんかコワイ…と思ったのですが、ローズマリーなど天然成分で日焼けしにくい体をつくるサプリメント感覚の日焼け止めなのだとか。

 

必用に応じて

一番いいのは帽子や日傘をこまめに使うのが自然なのだと思います。

でもレジャーの時や、それだけでは防ぎきれない場合はできるだけ低刺激の日焼け止めを選んで使いたいです。

 

そしてぜひ飲む日焼け止め試してみたい!

 

関連記事 海で濡れたようなナチュラル濡れ髪を作るアイテム 

 

 ★↓ツクルノがデザインしたグッズ販売中です↓★

f:id:harumerry:20170722201952j:plain