ハンドメイドツクルノ★

作るの大好きツクルノの創作ブログ★




作品の作り方やおすすめの材料、ショップ、

ハンドメイド販売サイトについてご紹介!

気になるコスメやスキンケア方法などお得な情報も★


FIMO★焼くとプラスチックに!!オーブン粘土★

粘土1つにしても色々な種類があります。樹脂粘土、陶土の粘土、紙粘土、木の粘土、石粉粘土、、、などなど。

関連記事

石膏みたい!石の粘土★石粉粘土 

陶芸?!オーブンで作れるオーブン陶土 

今回はFIMOという粘土をご紹介します。

この粘土、オーブンで焼くことでプラスチック製の作品ができるのです。ポリマークレイというジャンルです。

 

プラスチックというと、お馴染みなのはプラ板ですね。

キーホルダーやアクセサリーを作ったり、プラ板はお子様から大人まで、手軽に扱える資材のひとつ。

 

プラ板は透明の板に絵を描いて焼くことにより、縮んでモチーフが作れますが、球体や丸み帯びた立体はなかなか難しいです。

 

ポリマークレイは粘土状なので、自由に形成できるので作品の幅が広がります。

 

それではポリマークレイ、FIMOについてお話しいたします。

 

FIMO

家庭用のオーブン110度で20~30分加熱する事で硬化する粘土です。ガラス、革、銀など、副材と一緒に加熱できるそうなので、デザインできる幅の広い素材です。

 

カラー豊富

FIMOは単色はもちろん、様々なテクスチャーが出ています。FIMOソフトは通常のFIMOよりも柔らかく、形成が比較的楽にできるそう。その他、ラメ入りや半透明カラーメタリックと幅広い種類があります。

 

私も一時期、夢中になっていました。

アイディアで様々な作品が作れるので楽しいのです。

f:id:harumerry:20170715105656j:plain

色々作れる

ステンドグラス風の小箱や、FIMOでビーズを作ることもできます。モールドを使うことで、より簡単に素敵な作品を作れたり。今回はフェイクストーンについて書いてみます。

 

フェイクストーン

FIMOを使ってフェイクストーンが作れます。

好きな色をいくつか選んですこし混ぜ、マーブル状になったら形を整えるという手順。私が作ってみてポイントになったのはマーブルの中に半透明のFIMOを取り入れると、よりリアルになるという点。

仕上げに液体FIMOやレジンでコーティングしました。コーティングをすることでより、フェイクストーンらしく仕上がります。(ちなみにUVレジン等を使ってコーティングしても〇)

 

FIMO専用ニス

FIMOは専用のニスが販売されています。樹脂系のニスのようなので、よくあるニスのようなツンとした香りもありません。作品のコーティングに使えます。

 

FIMOは使い方の幅が広い資材です。

次回はFIMOを使った作品アイディアを更にいくつかご紹介します。

↓↓↓

tukurunohandmadehappy.hatenablog.jp

 

その他お勧め関連記事

tukurunohandmadehappy.hatenablog.jp

tukurunohandmadehappy.hatenablog.jp

tukurunohandmadehappy.hatenablog.jp

tukurunohandmadehappy.hatenablog.jp