ハンドメイドツクルノ★

作るの大好きツクルノの創作ブログ★




作品の作り方やおすすめの材料、ショップ、

ハンドメイド販売サイトについてご紹介!

気になるコスメやスキンケア方法などお得な情報も★



空いた時間でお小遣い稼ぎ↴
モッピー!お金がたまるポイントサイト

手作り石鹸は販売OK??ハンドメイドサイトに出品できるのか

 

手作りコスメがブームになり、ハンドメイドで石鹸を作っていらっしゃる方も大勢いらっしゃいます。

 

私も興味があり、手作り石鹸もハンドメイドサイト等で販売できたら・・・とワクワクしながら調べてみたことがありました。

 

そのときまず初めに私が調べてみたのはminneさん。

まず皆さんどんな石鹸を出品されているのかな、と検索してみることにしたのです。

 

すると、なぜかこんなにも手作り石鹸がブームになっているのに、出品数がものすごく少ないのです。

 

疑問に思い、利用規約など更に調べてみました。

するとminneさんでは石鹸として利用できる商品はNGということがわかったのです。(サイトによっては特に記載がない場もあるかもしれません。)

私はそこで初めて、手作り石鹸を取り扱うには、なぜか細心の注意が必要なのだということを知ったのです。

 

では、なぜ手作り石鹸が販売できないのか。を更に調べることにしました。

手作り石鹸が販売できない理由

石鹸を作るのにつかわれる苛性ソーダ劇薬に指定されているほどの成分だそうです。

 

f:id:harumerry:20170816101600j:plain

手作りコスメを作っている方は、自分で作った石鹸を販売したいと考える方も多いのではないかと思います。ですがそれはなかなか難しいこと。

 

製造販売の許可を取らなくてはなりませんし、薬剤に詳しい知識のある責任者が必要となったり、その上で厳しい品質管理や安全管理を徹底しなければならないそうです。こうなると、個人で出来る趣味の範囲を超えてきますよね。

 

そのため中には雑貨用、インテリアとして販売している方もいらっしゃいます。ですがその場合にも、家庭用品品質表示法の表示義務にのっとり、成分表示や品名など詳細を表示しなければならないそうなのです。

それでも石鹸は石鹸

「石鹸」という言葉を商品説明の中に入れない、雑貨として販売する、などの方法で規制を潜り抜けて販売していることもあります。ですが万が一のことがあったときには、作り手になんの責任も発生しないということは言い切れないと思います。

 

自分の手元にあるうちは、自分自身が気を付けて取り扱い自己責任で使用できますが、販売しお客様の手に渡ってしまってからは把握しきれません。お客様も、手作り石鹸に詳しいとも限りません。

 

もしも本気で手作り石鹸を販売したいのなら、大変でも許可をきちんと取る方が後々良い気がします。

 

ということで、当時の私は断念したのでした。

 

こうして調べてみて初めて石鹸の製造に劇薬指定の苛性ソーダというものが使われていることを知りました。知らないということは怖いです。出品していいのかわからないものは、きちんと販売する前に調べることが大切だと思います。

 

関連記事

 

 

tukurunohandmadehappy.hatenablog.jp