ハンドメイドツクルノ★

作るの大好きツクルノの創作ブログ★




作品の作り方やおすすめの材料、ショップ、

ハンドメイド販売サイトについてご紹介!

気になるコスメやスキンケア方法などお得な情報も★



空いた時間でお小遣い稼ぎ↴
モッピー!お金がたまるポイントサイト

めざせすっぴん美人★塗りすぎ・洗いすぎ・つけすぎを断つ!!

ファンデーションを塗らないのってものすごく不安ですよね。

 

綺麗になりたい

 

そんな思いでメイクをするのに

ついカバーをしすぎてお肌に負担をかけてしまう。

ニキビ、くすみ、乾燥、ごわつき、ざらつき・・・素肌は悲鳴をあげています。

メイクを落としたすっぴんの顔に自信がもてず、

更にお化粧して隠そうとして、悪循環。

 

そんな体験をしている方は、ものすごく多いのではないかなと思います。

 

f:id:harumerry:20170821153538j:plain

私ツクルノの厚塗りピークは高校生のメイクしたての時期から。

今思うと、そんな時期から何をもったいないことを!!と思うのですが、当時は必死でした。

 

思春期のニキビをどうにか隠そうとしたり、可愛くなりたい!の一心で。少しメイクが落ちてしまえば化粧室に駆け込みメイクを直す。

 

不思議なんですけど、1つ隠し始めると、2つ、3つ、とどんどんマイナスな部分が目についてしまうんですよね。

 

今挑戦中の肌断食なんて、考えられなかったです。

いきなりすっぴん、肌断食!には抵抗のある方も多いかと思いますので、自然派のコスメブランドさんをご紹介します。

 

無理なくすっぴん美人を目指そう

すっぴん美人を目指す方のためのスキンケアを提供しているブランドあきゅらいずさん。

 

あきゅらいずさんでは、美容という言葉ではなく「美養」という字を使われています。それだけ肌を育てることに着目を置いているのです。

 

なんとあきゅらいずさんで働くスタッフ皆さんすっぴん勤務なのだとか!!説得力がありますね。

 

塗りすぎ・洗いすぎ・つけすぎ・・・

メイク、スキンケアをする女性にとってよく陥ってしまう過剰なケアについても、ふれています。

綺麗なすっぴんを目指すには、やはりこれを断つことが大切なのだそう。

 

スキンケアのシリーズでは、固形石けん、お顔にのせるだけの洗い流すパック、朝晩の保湿を1本でOKというクリームなどがあります。

 

成分を見て見たのですが、石けんとクリームにはセラミドが入っていますね。また敏感肌の方にもお使いいただけるように、研究を重ねつくったそうです。

 

あきゅらいずのシンプル3ステップ

なにもメイクしちゃダメ!!ということではなく、自然に無理なく肌の負担を軽減できるように、クレンジング剤不用のコスメも提供なさっています。

 

今は、石けんで落とせるコスメアイテムは、それだけで価値がある気がする。

 

コスメのシリーズには、フェイスパウダーやリップ、チークなどがあるみたいです。

 

世の中にはコスメやスキンケアアイテムで溢れているのに肌トラブルが何で消えないの?!

あきゅらいずを立ち上げた方は元々、化粧部員として働いていらしたのだそうです。

でも、こんなにも色々なコスメや化粧品があるのになぜ女性たちの肌トラブルの悩みは、いつまでもあり続けるのだろうかと疑問に思っていたのだとか。

そこで表面的な美ではなく、内側から美を養うようなスキンケアを提供したいという思いでつくられたそうです。

 

たしかに消費者側は、どのスキンケアアイテムが肌にいいのか、理解しきれないです。独自に成分やら研究しても限界があるし、心のどこかでは「買ってしまったけど、もしかして躍らされているのかな私・・・」なんて思うこともありますよね。

 

 

あきゅらいずさんでは、スキンケアについて教えてくれるすはだの学校という講座も開講なさっています。少人数のプライベートな空間で洗顔方法などレクチャーしてくださるそう。

 

スキンケアに思いを持って提供しているのが伝わってきますね。

 

ちょっと興味があるけど、スキンケアをそろえるのも大変だし・・・という方には、1380円送料無料のトライアルセットもあるそうですよ。

 

洗顔の仕方

ここで少しあきゅらいずさんで提案している洗顔方法をご紹介します。

  1. ぬるま湯で顔、「泡石」(あきゅらいずさんの石鹸)を濡らし、手のひらで20回転がす
  2. 手のひらをボウル、指を泡だて器のようにして泡立てる
  3. 大福1個分を目安に泡をつくる顔の5ヶ所に泡を置いて、泡で包み込むように力を抜いてやさしく洗う
  4. 約33度のぬるま湯をすくって洗い流す

 

33度って書いてありますよね。このかなりぬるめのお湯がいいというのは、私も聞いたことがあります。

温度が高すぎると、油分が落ちすぎたり、毛穴も開きすぎたり。33度というと人肌よりも低いので、冷たくない程度のぬるま湯といった感じでしょうか。

ちなみに上の手順に出ている「泡石」というのは冒頭でもご紹介したあきゃらいずさんの固形石鹸です。トライアルセットにもふくまれていますよ。

 

メイクをするにしても、素肌の調子が良ければ仕上がりが全然違う。

うるうるのお肌に憧れます。

過剰なケアを一度控えて、ぜひぜひすっぴん美人めざしてください。