ハンドメイドツクルノ★

作るの大好きツクルノの創作ブログ★




作品の作り方やおすすめの材料、ショップ、

ハンドメイド販売サイトについてご紹介!

気になるコスメやスキンケア方法などお得な情報も★


切り絵がうまく切れないのはハサミが原因かも??切り絵専用のハサミ

切り絵って繊細な線が重なって美しいですよね。でもなかなか上手く切り抜けなくて悪戦苦闘。切りたくない部分を切り落としてしまい、せっかくここまで切ったのに。。。!なんていうこともありますね。

 

 

いつかテレビで切り絵作家の女性の方の取材をしていたのを見たことがあります。

 

切り絵クラフトのコツ

とても器用に考えられない程の繊細な絵柄を切り抜いていくのです。

ついつい見入ってしまうほど。

 

その番組を見て、私もやりたい!!と思い、切り絵をかじったことがあります。

綺麗に切れない・・・

真似してやってみたものの、なかなか綺麗にできないんですよね。

 

 

普通のハサミって、

先端がいくらかは細くなっているものの、

刃の厚みが意外とあるんです。

 

なので、先っちょ使ってパチンっと切っても、

切れて欲しくない部分が切れて

せっかくの切り絵の繊細な線を、切断してしまうことがあるのです。

 

そこで私は、あることを思い出したのです。

切り絵作家さんが使っていたハサミ

テレビで見た切り絵作家の方が使っていたハサミ。

 

華奢で小さなハサミでした。特徴的な。

もしかして手芸用の、切り絵に向くハサミが売っているのかな??と思った私は、早速クラフトショップへ出かけました。

 

切り絵用のハサミ

見つけて感動しました。

普通のハサミに比べて繊細でカワイイ華奢なハサミがあるではありませんか。知らなかった・・・

 

★(各画像をクリックすると詳細が見れます)★

切り絵をする時に刃そのものの大きさよりも重要なのが、刃先の厚みだと思います。

厚みがないハサミだと、

かなり、かなり、細い線を綺麗に切りやすくなるのです。

 

ちなみに・・・

 

ネイル用のハサミではダメ??

ネイル用の先端の細いハサミもありますよね。

細かなネイルシールをカットしたりするのに使うそうなのです。

 

 

 

ネイル用のハサミでも、かなり細かい切り絵が切れます。

 

ただ注意点としては刃がカーブしているタイプの形だと、逆に切りにくくなります。

 

まっすぐな線をカットしたいのに、変に曲がっていってしまい汚くなってしまう。

 

なのでハサミを選ぶときは

切り絵に使うのであれば刃がまっすぐの物を選ぶと良いと思います。

小さな丸いパーツに紙をカットしたいとかであれば、カーブしている刃先のハサミが便利だと思います。

 

 

 

日頃からよく思っている事なのですが、

道具の力って素晴らしいと思うのです。

 

道具1つで、それまで出来なくて諦めていたものが

簡単にできるようになって、楽しめたりするので。

 

今回はハサミに着目して書きましたが、何の紙を使うかによってもまた切りやすさが違ってくるかと思います。

一口に紙、と言ってもその種類は様々。

いろいろ試して見るのも楽しいですね。

 

 

tukurunohandmadehappy.hatenablog.jp

tukurunohandmadehappy.hatenablog.jp

tukurunohandmadehappy.hatenablog.jp